本日(4月18日)、大宮駅西口で宣伝・署名活動を行いました

本日(4月18日)、午後1時から2時50分まで、OLDs@大宮が大宮駅西口で宣伝・署名活動を行いました。途中雨が降ってきたので、3時10分前に終わりにしました。

参加者は浦和スタンディングのreraさんと高橋の二人でした。本日集めた署名数は15、6筆(だったと思います。不正確ですみません)。集めたのはすべてreraさんで、私はずっとスピーチをしていました。

到着して、プラカードをセッティングしていたら、長身の若者が「何かチラシありませんか」と近づいてきました。5月3日の憲法集会のチラシと「安倍さんにおたずねします」というタイトルのかわいいリーフレットをあげました。そしてしばらく話しました。なんでも鍼灸師の専門学校に通っているとのことでした。

「今度の参院選は大事だよね」
「まわりの友だちはみんな自民党に入れていますね」
「何でなんだろう」
「やっぱり無難だからでしょうね」
「関心は安保より経済なのかなあ」
「そうでしょうね」

などといった会話をしました。

以前、座間宮ガレイ氏が講演会で言っていたことを思い出しました。「アンポだけじゃ負ける。経済も訴えなくては駄目だ」

彼は9のテーマを挙げていました。

1. 消費増税 アベノミクス
2. 年金運用
3. 待機児童
4. 辺野古
5. 原発
6. 安保関連法
7. 憲法改正
8. 地方創生
9. 賃金

今、今読んでいる松尾匡著『この経済政策が民主主義を救う』(大月書店 2016年)も経済政策の重要性を強調しています。数日前、東京新聞のコラムで斎藤美奈子さんが紹介していたので早速注文したものです。

松尾さんの主張は、左派とリベラル派は金融の量的緩和と福祉・医療への財政支出を経済政策の柱にすえるべきである、というもの。

アベノミクスをアホノミクスとバカにして嗤っているだけでは足をすくわれるな、と思わせられる本です。

(写真は、左の白色の袋がreraさんの、右の黒のザックが高橋のです)

広告
カテゴリー: こんな活動をしています, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中