アメリカは日本を守ってくれるのか?

昨日(4月24日)は巣鴨とげぬき地蔵の縁日で、OLDsが午前11時から午後2時まで巣鴨駅頭で署名活動を行ったので、大宮でのOLDs@大宮の活動は午後2時からになりました。

強力な助っ人の浦和スタンディングのreraさんが応援に駆けつけてくれて、15筆以上集めてくれました。

この日はストリートミュージシャンが2組。それに献血のお願いのトラメガが加わってかなりの騒音。こちらはいつもより少しボリュームを下げて仲間にいれてもらいました。

途中、男性が立ち止まってreraさんに何か話しかけました。署名をしてくれるのかと思ったら、すぐにその場を離れ、立ち去りながら今度はこちらを向いて振り返り何やら叫びました。

reraさんに聞いたら、男性は「お前ら、誰に助けてもらっているんだ!」と怒鳴ったとのこと。

こういう人には、柳澤協二さんの講演を聴いて欲しいですね。

「誰も住んでいない無人の島の問題に俺たちを巻き込まないでくれ」という言葉が米軍の機関紙に載る時代だ。空軍の好戦的なシンクタンクですら、尖閣のようなところに手を出していったらきりがない、せいぜい潜水艦2隻を出すだけにとどめるべきだと言っている。潜水艦だったら出したかどうだか中国には分からないし、「潜水艦を出したぞ」と日本にも言い訳がたつ。(2016年4月6日)

160424_omiya.png

広告
カテゴリー: こんな活動をしています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中