「おおさか維新の会」との遭遇(6月6日)

本日(2016年6月6日)午後1時から、OLDs@大宮が大宮駅西口デッキで署名活動を行いました。参加者は2名。うち1名は署名集めの天才、reraさんです。本日reraさんが集めた署名は15筆でした。
途中、午後2時前後に、駅からすぐ出たところに緑色ののぼり旗が2本立ちました。のぼり旗には大きく「おおさか維新の会」とあります。そして同じく「おおさか維新の会」と書かれたタスキをかけた青年がチラシを配布し始めました。どうやら埼玉選挙区で大阪維新の会から立候補する予定候補のようです。「○○です」と名乗りながらチラシを配っています。まもなく、応援にもう一人、スーツ姿の青年が合流しました。
そこでスピーチでは早速、「大阪維新の会」に登場してもらうことにしました。「7月10日の参議院議員選挙では、自民党、公明党、そしてその補完勢力である大阪維新の会が3分の2の議席をとらないよう、ぜひ棄権をせず、投票所に足を運んでください」と何度も何度も呼びかけました。
まもなくすると、スーツ青年がカメラを持って近づき、私の写真を撮り始めました。こちらもその前にビデオを撮ったので、その返礼かと。私の場合はFacebookとブログに載せますが、彼らはいったい何に使うのか。
特筆すべきだったのは80代と思われる老紳士。署名をした後、reraさんとずっと話し込んでいます。しばらくするとタスキ青年に近づき、何やら話し始めました。たっぷり10分は話していたと思います。reraさんによれば、老紳士は戦争体験者で、「戦争だけはやってはいけない」と確信しているとのこと。そして維新は最低だと言っていたそうです。スーツ青年はむげに話を断ることもできず、さぞかしうんざりしたことでしょう。老紳士、よくやってくれました。
やがて、維新の青年お二人、のぼり旗を引き抜くと、遠い出口の方へと場所を移動し、訴えとチラシまきを再開しました。こちらからは100メートルほど離れていましたが、でも偵察に行ったreraさんの話では、こちらのトラメガの音はよく聞こえたとのことです。まあ、維新の名前を口にするときには、かなり力を入れましたから。
終了予定の3時を過ぎましたが、緑ののぼり旗はまだ立っています。「このままでは帰れない、向こうに先にお引き取りを願おう」とreraさんと意見が一致し、スピーチと署名活動を続けました。そして4時を10分ほど過ぎた頃、緑色ののぼり旗が降ろされたのを見届けて、今日の活動を終了しました。
さて明日はどうなることか。
広告
カテゴリー: こんな活動をしています パーマリンク

「おおさか維新の会」との遭遇(6月6日) への1件のフィードバック

  1. rera より:

    すっごい力の入った報告。
    トラメガでの訴えもすごかったですよ。
    だんだんヒートアップしていきまして、
    それはそれはものすごいド迫力でした。
    みなさまに聞かせたかったです。

    80代の男性は84歳とおっしゃってました。
    難しそうなお顔で近づいてらっしゃったので、
    ちと構えました。(困ったときはびえほさん)
    手を出されて書くの意志表示をされたのです。
    戦争体験をした。負けると子ども心にもわかっていた無謀な戦争だった。
    理屈なんかないんだ。戦争だけはダメなんだ。
    と声をしぼるようにお話しされました。
    となりの通路の”おおさか異心の怪”の旗が気に入らなかったのでしょう。
    (元)党首がとんでもないんだと言いながら、
    チラシ撒きに近づいていかれました。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中