強行採決に抗議し、共謀罪の凶暴性を訴えよう

明日(6月17日)、OLDsが第110回巣鴨行動を行います。テロ等準備罪(共謀罪)に関するリーフレットを配布し、緊急署名を行います。

6月15日、与党はテロ等準備罪(共謀罪)法案を強行採決しました。

この法案の成立過程は、その出発点から大詰めまで虚偽にまみれたものでした。

テロとはまったく関係がないのにもかかわらず、オリンピックを引き合いに出してテロ防止のための法案であるかのように偽りました。

アベ首相、カネダ法相の不誠実で理解不能な国会答弁は「コッカイオンドク」のパフォーマンスさえ生み出しました。にもかかわらず、公明党の佐々木さやか議員は、野党が提出したカネダ法相の問責決議案反対演説において、カネダ法相が「誠実かつ真摯な答弁を行」ったと言い切りました。黒を白と言いくるめようとする政府・与党の不誠実さをまさに象徴する発言でした。

審議の過程で、法律の対象は「組織的犯罪集団」に限られるどころか一般人にも及ぶこと、「犯罪」が「計画」されているかどうかはすべて捜査当局の判断に委ねられていることなどが明らかになりました。捜査当局の裁量で「犯罪」がでっち上げられ、市民活動、市民運動が弾圧の対象になる可能性があることがはっきりしたのです。

法案は成立し、7月11日から施行されます。しかし私たちはあきらめません。法律の発動を許さず、発動された場合には抗議の声を上げ、さらに法律の廃止に向けて活動を続けます。

アベ政権は虚偽と汚辱にまみれています。この醜悪な腐敗政権を一日でも早く、何としてでも退陣に追い込みましょう。

一人でも多くの方の参加を呼びかけます。

日時:2017年6月17日(土)午後4時から5時まで

場所:巣鴨駅正面口

なお夏時間(午後4時から5時まで)となっています。ご注意ください。

広告
カテゴリー: こんな活動があります, こんな活動をしています パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中